お知らせ

CodeforNAGASAKI第9回イベントを開催しました【4月18日(水)】

2018.04.19

4月18日(水)に、オープンデータを活用する有志団体「CodeforNAGASAKI」の第9回イベントを、長崎県の後援で開催しました。

今回は、去る2月24日(土)に東京大学キャンパスで開催された全国アプリコンテスト「アーバンデータチャレンジ2017」の結果について、報告会を行いました。

我らが「CodeforNAGASAKI」が応募した作品は残念ながら入賞となりませんでしたが、全国から総勢232作品のアイデアやアプリの応募があり、イベントは大盛況だったようです。

今大会では、「アクティビティー部門」「データ部門」「アイデア部門」「アプリケーション部門」の4つの部門で金賞、銀賞、銅賞が決められました。

受賞作品には、保育園マップなどのオーソドックスな作品もあれば、Googleストリートビューの中にメジャー(目盛り)を表示させ、あらゆる物や道幅を測る作品、さらには、トイレ情報を提供してくれた人に仮想通貨を発行する「トイレ仮想通貨」なる奇抜な作品もありました。

お隣、佐賀県の「CodeforSAGA」の作品は、交通事故予報をカレンダーにしたアプリで、その日いつ事故が起こりやすいのか、日めくりカレンダー形式で視覚的に見ることができます。見事、アプリケーション部門の銀賞を受賞しました。

全国的にも先行して活動を続けてきた「CodeforSAGA」の取り組みは、良いお手本になりますね。

「アーバンデータチャレンジ2017」の受賞作品の詳細は、以下URLの公式サイトからご覧いただけます。

http://urbandata-challenge.jp/2017/2017-archives

 

「CodeforNAGASAKI」での報告会の様子

 

昨年度活動を始めた「CodeforNAGASAKI」ですが、今年度はさらに精力的にアプリの企画、開発に取り組み、次回大会こそは入賞を目指します!!

2018.04.19 | Posted in お知らせ
ビッグデータ&オープンデータ・イニシアティブ九州 ビッグデータ&オープンデータ・イニシアティブ九州
〒814-0001 福岡市早良区百道浜2-1-22-7F
公益財団法人九州先端科学技術研究所
TEL:092-852-3510 FAX:092-852-3455
ckan
wordpress